• TOP
  • 沖縄シュタイナー学園

沖縄にシュタイナー学校を創る会 結成趣意書(案)

琉球の文化が薫り、自然の恵み豊かなこの郷土に、子ども達と先生の笑顔あふれる学校を自分達の手で創りたい。私たちの願いは、とても素朴なものです。
そして、見つめる未来は、子ども達がその個性を十分に伸ばし、自らの力で、自分の人生とよりよい社会を切り開き、創造していく姿です。結成の土台は、保護者と教師です。
教育・経営方針は、ルドルフ・シュタイナーの人間観・教育観「自由への教育」を基盤とします。

教育・経営方針

  1. 子どもの成長・個性を見極め、知・情・意のバランスのとれた、子ども中心の学びを形成する。
  2. 9年間担任持ち上がりを原則とし、その上に築かれる教師と子どもの深い絆を大切にする。
  3. 9年間の一貫したカリキュラムと、集中講義形式(エポック授業)によって、学びを有機的につなぎ、芸術とESD(持続可能な社会作りの担い手を育む教育)を取り入れた授業を行う。
  4. 教材の選定、指導法は、担任教師の素養・裁量を最大限に生かし、教師が能動的に授業を構築できることを保証する。
  5. テスト・点数による評価を廃止し、教師の言葉で子ども一人一人の見立てを丁寧に行う。
  6. 人・地域との繋がりを大切にし、郷土の自然・文化・歴史を積極的に取り入れる。
  7. 万国津梁の精神を尊び、常に世界的視野を持った授業を目指す。
  8. 教育に関する公開研修・講座を行い、地域に対して「自由への教育」の発信拠点とする。
    教育内容には、沖縄の自然、文化、歴史を教材に取り入れます。(わらべ歌、琉球舞踊、唄三線、琉球料理作り、紅型染や機織り、空手、ヨナグニウマ乗馬、昔話や歴史を題材とした沖縄劇、自然環境、観光産業など)そしてそれらを系統的な知の学びと結びつけ、研究テーマにつなぎ、深めていきます。低学年から学年に合った語学に力を入れ、韓国語、中国語、英語、琉球語などを学びます。自らの知を開花させ、深い思考力と創造性、コミュニケーション能力を持った、自律した生徒像を目指しています。
    私たちは、2024年開校を目標にこのムーブメントを進めていきます。

※この学校は、日本の公立学校の教育内容に準拠しながら、小学校、中学校の一貫教育を行います。
※この学校は、特定の宗教、政治、企業、個人的な嗜好、民族的偏見に偏るものではありません。
※学校運営は、保護者と教師からなる民主的な運営会によって行われます。

沖縄シュタイナー学園 事務局

〒901-2321 沖縄県中頭郡北中城村美崎170-1
TEL:098-923-0567(FAX兼)
代表:入福 玲子
後援(仮) 子どもと先生を元気にする会  沖縄シュタイナー学習会「グラダリス」  子ども園「まある」
沖縄シュタイナー教育実践研究会  沖縄動物介在教育・療法研究会 ヨナグニウマ保護活用協会
沖縄シュタイナー教育学習センター「こもれび」